HOME>ライオンズクラブ用語辞典>ライオンズクラブ用語辞典 は行

ライオンズクラブ用語辞典 は行

ライオンズクラブで使用される特別な用語があり困ったことはありませんか? こちらの辞典ではそんな言葉の意味をお調べ頂けます。

  • ライオンズクラブ用語辞典あ行
  • ライオンズクラブ用語辞典か行
  • ライオンズクラブ用語辞典さ行
  • ライオンズクラブ用語辞典た行
  • ライオンズクラブ用語辞典な行
  • ライオンズクラブ用語辞典は行
  • ライオンズクラブ用語辞典ま行
  • ライオンズクラブ用語辞典や行
  • ライオンズクラブ用語辞典ら行

バナー Banner

正式クラブ旗のこと。
各クラブの創意と工夫で作られるテーブル・バナーあるいはフレンドシップ・バナーのことを単にバナーという場合も多い。このバナー交換が国の内外を問わずクラブの間で行われている。

ファイン Fine

クラブ会則ではファイン(罰金)の額はクラブ理事会が定める額以下とし、1会合で同一会員は2回を超えてファインを課せられることはない。
ライオンズの例会その他の会合において、その場の空気を沸き立たせ、会員相互の親睦を図る目的で、テール・ツイスターはファインを課す権限を持っており、またテール・ツイスターからは満場一致でなければファインを取ることができない。
集まった全ての金額は直ちに会計に引き渡し、領収書を受け取る。
ファインは金額的には僅少なもので、アクティビティ資金の当てにするべきではなく、運営費に繰り入れるのが原則である。

フォーラム Forum

国際協会の目的の(g)項にいう自由に討論できる場を指すが、その決議が会員およびクラブに対して拘束力を持たない会合を、大会と区別してこのように呼ぶこともある。

複合地区 Multiple District

1国または1地域が多数の地区に分割されているとき、これらを総合して複合地区を作り、複合地区を形成する各地区は準地区(Sub-District)となる。複合地区は複合地区会則に基づいて運営されている。1976年7月から日本ライオンズは330・331・332・333・334・335・336および337の八つの複合地区に分割され、それぞれのガバナー協議会のもとに複合地区が運営されている。しかし、会則、YE活動、国際大会参加など共通の問題は8複合地区の協議によって処理されている。

副地区ガバナー Vise District Governor

国際付則第3条9項(b)によって設置される役職で、地区は、それまで設置するか否かを選択できたが1994年7月から副地区ガバナーを選出しなければならなくなった。その任務は、地区ガバナーの首席補佐役として地区ガバナーの任務に精通しておくことで、通常、次の地区年次大会において地区ガバナーに選出される。

不在会員

本クラブ所在地から転出したクラブ会員、または健康その他の正当な理由によって規則正しくクラブの会合に出席することが不可能な会員で、本クラブにとどまることを希望し、これを本クラブ理事会が認めた者のこと。
不在会員の資格は6ヶ月ごとに本クラブの理事会で再検討されるものとし、不在会員は、役職に就いたり、地区または国際大会または会合において投票することはできない。
不在会員はクラブが課す会費を納入しなければならない。その会費には地区および国際会費が含まれる。

ブラザー・クラブ Brother Club

兄弟クラブのこと。
狭い意味では同一クラブによってスポンサーされたクラブ同どうしのことを指すが、広く全地区、全日本、全世界のクラブをこのように呼ぶ場合が多い。

ホスト・クラブ Host Club

客を迎える主人側のクラブの意味で、会合、催しなどを主催する地元のクラブやYE学生の受け入れ側のクラブをこのように呼ぶ。
地区大会や複合地区大会を設置するのもホスト・クラブであり、また同一市内に多くのクラブがあるときは、そのうちの最も古いクラブは国際協会の認可に基づいてホスト・クラブと名乗ることができる。

ま行

参考文献
■ライオンズ役員必携 2005-2006
ライオンズクラブ用語の追加訂正及び掲載に関しましてのご意見ご要望がございましたらこちらからご連絡下さい。