HOME>ライオンズクラブ用語辞典>ライオンズクラブ用語辞典 さ行

ライオンズクラブ用語辞典 さ行

ライオンズクラブで使用される特別な用語があり困ったことはありませんか? こちらの辞典ではそんな言葉の意味をお調べ頂けます。

  • ライオンズクラブ用語辞典あ行
  • ライオンズクラブ用語辞典か行
  • ライオンズクラブ用語辞典さ行
  • ライオンズクラブ用語辞典た行
  • ライオンズクラブ用語辞典な行
  • ライオンズクラブ用語辞典は行
  • ライオンズクラブ用語辞典ま行
  • ライオンズクラブ用語辞典や行
  • ライオンズクラブ用語辞典ら行

再入会員

会員が一度クラブを退会し、元のクラブに入会した会員のこと。
一度脱会した会員が6ヶ月以内にクラブに戻れば、国際協会入会金を支払うことなく会員資格を継続させることができるが、6ヶ月以上を経過した場合は、クラブ理事会の承認を得て新たに国際協会入会金を支払い新会員として入会する。ただし、国際協会に元のクラブでの在籍機関、役員歴、皆出席記録などを報告すれば、それらは新クラブの会員歴に追加される。

賛助会員 Affiliate Member

クラブの正会員として全面的に活動できないが、クラブとその奉仕活動を指示し、クラブを賛助したい地域社会の優れた人物のことで、1997年7月フィラデルフィア国際大会で国際会則が改正され、新設された会員。この会員籍はクラブ理事会の招請によって与えられる。
賛助会員は、自ら出席する会議においてクラブの事項に対する投票権を持ち、クラブの会員になることはできるが、クラブを代表して、地区(単一、準、または複合)大会または国際大会の代議員になることや、クラブの役員、また地区、複合地区、国際協会の役員ならびに委員に就くこともできない。
賛助会員は地区会費、複合地区会費、国際会費、そのクラブが課す会費を払わなければならない。

シェブロン Chevron

山形の襟章や袖章のこと。
従来、長期在籍を認めるチャーター・モナークとモナーク・シェブロンが会員に交付されていたが、シカゴ国際理事会(1998年10月)において1999年7月から交付されないことになり、長期在籍証明書も廃止された。
クラブは、チャーター・モナークとモナーク・シェブロンを、公式クラブ用品カタログにより購入することができる。

職権委員 Ex-Officio Member

発言権はあるが、表決権をもたない構成メンバーのこと。
ある役職に就くと、そのことから付随的に特権を持つこととなり、結果そうなる場合がある。
例えば、クラブ会長はクラブ各委員会の職権委員(エクス・オフィシオ・メンバー)である。

終身会員(ライフ・メンバー) Life Member

  1. 20年以上正会員であり、所属クラブ、その地域社会もしくは国際協会に対してその功績の著しい者
  2. 病気が重篤であるもの
  3. 15年以上正会員であり、少なくとも70歳に達しているもの

いずれかの項目該当する者は、次の手続きよって終身会員となることができる。

  1. 国際協会に対する本クラブの推薦
  2. 今後の国際会費全額代わりに300ドル、またはその相当額を本クラブから納入
  3. 国際理事会の承認

クラブは終身会員に対して適当な額の会費を課すことができ、終身会員は正会員としての義務を遂行しているかぎり、正会員の持つ全ての特権を持つ。
終身会員が他のクラブから招請を受けて転籍した場合、自動的に転籍先クラブの終身会員となる。
終身会員は例会の定期出席が(可能な限り参加すべきではあるが)不要となり、クラブ活動の参加も可能な限り参加するべきとされている。

準会員 Associate Member

元のクラブに主な会員籍を置きながら、本クラブのある地域に居住または職業を持っている会員のことで、1996年7月のモントリオール国際大会で国際会則が改正されてできた全く新しい概念の会員である。
この種の会員籍はそのクラブの理事会の招請によって与えられ、理事会によって毎年検討される。そのクラブは月報で準会員を報告してはならない。
準会員は実際に出席している会合でクラブ問題について投票する権利を有するが、準会員の資格を与えたクラブを代表して地区(単一、準、または複合)大会または国際大会の代議員となることはできない。準会員は準会員籍を置いているクラブを通してクラブ、地区、国際役員にはなれないし、地区、複合地区、国際委員になることは出来ない。
国際会費、地区(単一、準、または複合)会費は準会員の所属クラブには課されないで、正会員として所属しているクラブに課される。ただし、準会員の所属クラブは準会員に適当と思われる会費を課すことができる。
この準会員の取り扱いについては予め元のクラブと新しいクラブで、次の事項について協議、決定しておくことが望ましい。

  1. 準会員の新クラブでの例会出席について元のクラブへの月々の報告
  2. 原則として徴収しないが、必要な場合の新クラブへの入会金
  3. 新クラブへ納入する準会員の年額運営費、アクティビティ資金など

準地区 Sub-District

複合地区の一部分を形成する1地区のこと。
準地区は地区ガバナーを選出する。特に区別を要しない場合は、単に「地区」と呼称すればよい。

新世紀ライオンズクラブ New Century Lions Club

成人年齢から35歳までに限定してクラブを結成し、7年間は35歳以下の成人のみを招請する、新しいエクステンションの形態。
その後クラブが成長して普通のライオンズクラブになる(加入年齢枠廃止)。

ステータス・クオ(活動停止) Status Quo

クラブは次の場合国際理事会からステータス・クオ(活動停止)処分にされることがある。

  1. 国際協会の目的に違反したとき
  2. ライオンズクラブにふさわしくない行動をしたとき
  3. 納入日を過ぎて90日以内に国際または複合、準地区会費を納入しないとき
  4. 出席率が著しく低いとき
  5. 6ヶ月以上引き続いて月報を提出しなかったとき
  6. クラブが解散を決めたとき
  7. 他のクラブと合併したとき

スポンサー Sponsor

新会員をクラブに推薦すること、またはその推薦を行った会員のこと。
スポンサーとなった会員は、新会員に対して常に関心を持ち、新会員が活動的な会員になれるよう配慮するとともによき相談相手とならなければならない。
クラブが新クラブの結成を主力となって推進することもスポンサーといい、このクラブをスポンサー・クラブと呼ぶ。スポンサー・クラブは新クラブ結成後も、例会の指導やチャーター・ナイト開催の援助など、あらゆる指導と援助をする。YEにおいて、青少年を送り出す側になるクラブなど、ある事業について特別の面倒をみるクラブもまたスポンサー・クラブと呼ばれる。

スローガン Slogan

「Liberty,Intelligence,Our,Nation's Safety(自由を守り、知性を重んじ、我々の国の安全をはかる)」が国際協会のスローガンである。
また、複合地区や地区大会においてアクティビティの統一的目標を示すスローガンが採択されることが多い。

正会員

ライオンズクラブの会員であることから生じるすべての権利と特権を持ち、また全ての義務を負う会員のこと。
この権利は、他に規定する資格を満たしていれば、本クラブ、地区および国際協会の役職に就く権利、および会員の表決を要するあらゆる事項に対する投票権を含み、また義務は例会出席、速やかな会費納入、クラブ活動参加および本クラブが地域社会によい印象を与えるような行動を含む。

ゾーン Zone

地区ガバナーは、地区管理のため、地区をいくつかのリジョンに分け、さらに、そのリジョンを4ないし8のクラブから成るゾーンに分ける。
ゾーンごとにゾーン・チェアマンが地区ガバナーによって任命される。

ゾーン・チェアマン Zone Chairman

地区ガバナーおよび(または)リジョン・チェアマンの指導監督を受け、責任者としてゾーンの運営に当たるとともに、ゾーンにおける地区ガバナー諮問委員会の委員長として同委員会定例会議を開催し議長を務める者のこと。

ソング・リーダー Song Leader

例会や各種の催しでライオンズソング、その他の歌などを参加者が気楽に歌えるように音頭をとる者のこと。

た行

参考文献
■ライオンズ役員必携 2005-2006
ライオンズクラブ用語の追加訂正及び掲載に関しましてのご意見ご要望がございましたらこちらからご連絡下さい。